婦人

自分の会社を手放すときにする事業譲渡の注意点を解説!

金銭授受の記録

レジスター

実店舗には欠かせない機器

近年ではインターネット販売を専業とした業態も増えています。初期投資を抑えて事業を始められるので、個人経営や小規模法人にとっては新たな顧客を開拓しやすい環境となったのです。しかし実店舗を構える業態がなくなる気配はありません。そして店頭において金銭授受を行う場合に必要となるのがレジです。レジは一般消費者の目にも留まります。コンビニ、スーパーといった小売業はもちろん、飲食店でもよく見かける機械です。これらの店舗では1日の来客数が多いため、精算スピードの速いPOSレジを利用するのが適しています。POSレジでは商品ラベルに印字されたバーコードを読み取ることで売上登録をしていきます。商品をスキャンしたり、品名ボタンを押したりしていくだけでよいので、操作方法も簡単です。また販売管理システムに接続する機能を持っており、精算データを基にした売上分析が可能になります。しかしレジ本体の価格が高くなり、対応する管理システムも同時に導入するので運用費用がかさみがちです。ところがレジを必要としているのは大規模な店舗だけではありません。個人経営の小さな飲食店、美容院などであっても金銭管理は必要です。現金のやり取りを記録することが経営状態を把握する第一歩だからです。レジを用いた精算を行っていれば、いくらの売上金があったのか一目瞭然になります。機能を絞れば数万円程度で購入できるレジもあるので、店舗の実用に応じた機器を選定するようにしましょう。