男の人

自分の会社を手放すときにする事業譲渡の注意点を解説!

レジスター

金銭授受の記録

一般消費者も目にすることの多い機械であるレジは、店頭で金銭授受を行う業態で必要とされています。精算スピードが速いPOSレジは客数の多い大型店舗に適しています。機能を絞れば数万円で購入可能なレジもあります。

対価の決定方法

握手

株式会社USEN

タブレットposに関することが色々紹介されているところになっています。気になる人はここにアクセスしてみましょう。

資産価値や収益力

事業譲渡の対価は、商法上も税法上も原則として時価によります。この場合の時価とは通常、再調達時価、売却時価を意味しますが、将来の収益力に基づいて計算される価額も含まれます。通常、他社の事業の全部または一部を取得する決定を行うにあたっては、譲り受ける側の会社では経営的判断が当然に働いています。経営的判断としては、事業譲渡によってシェアの拡大や多角化目的の新規事業投資などが考えられます。第三者間取引である場合、単純に譲渡資産の時価評価額ではなく、取得後に得られる収益部分をも加えて評価することもあります。事業譲渡を行う会社の規模が株式公開会社に匹敵するほどの規模の会社である場合には、事業内容が類似する会社の株価から譲渡会社全体の評価を行います。その後に、当該譲渡対象の営業部分の評価額を求める方法もあります。ただし、この方法は譲渡会社がある程度の規模以上でなければ、適用する意味はさほどありません。このようにして求めた事業の評価額と帳簿価額との差額は、譲渡益として認識され課税されます。そのため、このようにして算定された譲渡対価が税務上問題ないかどうかを確認する必要が出てきます。純資産価値法は、譲渡対象である資産を再調達時価もしくは売却時価である実現可能価額で評価する方法です。これは、時価評価額から負債を控除した残額が譲渡対価となります。譲渡する資産の価値を重視する方法ともいえます。つまり事業譲渡によって取得した資産の利用価値を重視する考え方に基づくものです。

レジ

費用面での注意点

posレジを導入する際に注意するべき点が価格です。新規導入コストのみならず、ライセンス契約などを結ぶ必要のあるシステムの場合、ランニング費用も計算しておく必要があります。ウィルス対策費用も検討しておくことが大事です。

手

デイサービスで地域貢献

樹楽のデイサービスは、親会社のネットカフェ事業の成功に基づいた適切なサポートを受けられますので、初めての方でも安心して開業できます。樹楽は小規模デイサービスですので、初期投資のための費用も抑えられます。